JapanTaxiってどんな人がいるの?《ハードウェアエンジニア編》

JapanTaxiってどんな人がいるの?《ハードウェアエンジニア編》
プロフィール

名前 青木 亮祐

所属 JapanTaxi株式会社 開発部 ハードウェアチーム

略歴 前職は電子部品メーカーでセンサー関連の研究開発。非接触充電システム、電気自動車向けセンサーなどを開発後、JapanTaxiのハードウェアエンジニアとしてジョイン。JapanTaxiでは、広告タブレット・ドライブレコーダー・メーター・決済機をすべて一から開発に携わる。

JapanTaxiでの業務について

業務で大切にしていることを教えてください

エンジニアリングに関してだと、2つあります。

1つ目は、ベンチマークをしっかりすること。2つ目は、バックデータを積むということです。

ベンチマークについては、新製品開発前に他社製品のスペック比較を必ずすると心掛けています。他社と同じものが作れないと、新しいものが作れないと思っているからです。

バックデータについては、開発完了するまでにどれだけデータを積むことができるかを意識しながら評価を行います。最後にそれらのデータが助けてくれると。

これは、JTXというよりはエンジニアとしての自分のこだわりですね。

アイディアをどうやって形にしているの?

どんなものに対しても、常にアンテナを立てています。展示会に行くことも多いです。また“もの”のプロトタイプはいち早く作ることを心がけています。

仕事のやりがいは何ですか?

スピード感もって開発できるのが一番のやりがいだと思います。

以前は、車関係の開発だったので、開発〜量産まではかなり長い期間を費やしていました。それはとても勉強になり良かったのですが、短期間でより多くのものをリリースできるのもとても面白いです。また企画段階の上流工程から量産まで一貫して携われるので広い視野を持てることもやりがいの一つだと思います。

JapanTaxiという会社について

JapanTaxiってどんな人がいるの?《ハードウェアエンジニア編》

JapanTaxiへの入社の決め手は?

決め手って難しいですね。。。

正直に言うと、内定が決まっていたなかで、JapanTaxiが一番しっくりこなかったんですが、一番やることは多そうだと思いました。もう少し具体的な面では、携帯業界と車業界の間くらいにタクシーがあるのかなぁと当時は思っていまして、進む方向もスピードも全然も違う、混ざり合わない技術の中で新しいことができそうだなと思いました。ここが一番チャレンジできる場だと感じました。

入社後のギャップはありましたか?

想像通り、スピードもって仕事ができるのと、最初から最後まで開発に関わることができました。それだけでなく、開発環境から整えていくところも逆に面白かったです。

ハードウェアチームの雰囲気はどんな感じ?

販売やサポートなども関わってくるので、他チームとコミュニケーション取ることが多いです。またハードを扱っているので社内で多くの場所を使っています(笑)。社内はわいわいと会話できる環境で、逆にうるさいと感じる時もあるくらいです。

JapanTaxiでの仕事のやりがいは?

今が勝負時だと思います。

オリンピックもあるし、やれることがまだまだ会社にいっぱいあることがやりがいだと思います。

今欲しい能力・一緒にお仕事したい方は?

オールラウンドにハードウェアを経験してきた人で、自身で動き回れる人と一緒にお仕事したいと思います。逆に、自分で仕事見つけて進めることができる人でないと少し大変かもしれません。

ちなみにポテンシャル向けだと、どんな方がいいですか?

どちらかというと、「専門的にこれだけをしたい」というよりかは、開発から設計・量産・QAなどすべてを経験したい人がいいと思います。

将来のビジョンを教えて下さい

タクシーのスタンダードとなるプロダクトを世の中に展開し、アプリケーションを通じてタクシーデータを多くの人に感じてもらいたいです。

また、タクシー業界だけでなく、他の業界に影響をもたらすプロダクトを作りたいと思っています。

候補者へのメッセージ

まずは東京オリンピックに向けて、素晴らしいものをタクシー業界・車業界に残していきたいです。

ハードウェア×ITに日々ワクワクしますし、タクシーに乗ったときに実際目にして、触れてということを通して、肌で感じるプロダクトを一緒に作りましょう!


ありがとうございました!

JapanTaxiでは、青木の所属する開発部でハードウェアエンジニアとして一緒に働く仲間を募集しています。まずは一度お話を聞きにきませんか?

JapanTaxiに興味を持ったら、まずはお話しませんか? 

JapanTaxiってどんな人がいるの?《ハードウェアエンジニア編》