新たな気付きを得てより良いサービスへ、トライアルタクシー制度

HRPRチーム
永野
初めまして。HRPRチーム(人事総務部)の永野と申します。
最近お引越しをし、新たな場所での新生活を謳歌中です♪

トライアルタクシー制度とは?

私達JapanTaxiは“移動で人を幸せに。”をMISSIONとして掲げています。
そんなJapanTaxiならではの福利厚生の1つトライアルタクシー制度”に関して紹介します。

JapanTaxiにとってのお客様は、全国のタクシー会社様と「JapanTaxi」アプリを使って下さるお客様です。
お客様にとってより良いサービスを提供していく為に、社員のタクシー利用を会社が支援する制度として”トライアルタクシー制度”が生まれました。
新しいサービスがスタートした際、実際にタクシーに乗車し稼働状況を確認したり、日頃からタクシーに乗車する事で、新たな気付きを得られる制度になっています。

月上限10,000円 1回の乗車上限2,000円
実際の活用状況として直近3ヵ月の平均利用率は84%と社員にも大変人気の制度です。

9月に入社したHW開発部 阿部さんにトライアルタクシーについて伺いました。

永野:トライアルタクシーはもう利用されましたか?

阿部:はい。先日会社終わりに渋谷で友人と待ち合わせする際に利用しました。
「JapanTaxi」アプリでタクシーを呼んで、紀尾井町から六本木経由で渋谷まで向かっている道中、”学生の頃交通費を節約する為にこの道を歩いたなぁ”と思い出が蘇りました。
あの頃は歩いていた道を今はタクシーで移動していて自分自身の変化を感じました。友人にも自慢している福利厚生です。

永野:阿部さんはHW開発部ですが、車内の機器などはご覧になりましたか。

阿部:車載のJapanTaxiタブレットやドライブレコーダーなど、自社製品はやっぱり気になっちゃいますよね!

新入社員の阿部さんも新しい環境の中トライアルタクシーを利用する事で、変化を楽しんでいる様子でした。

みなさんはどのような機会にタクシーを利用されますか?

余談ですが、私は身長152cmのため毎日8cm~9cmのピンヒールを履いています。
お気に入りの靴で出社する際、たまに新品の靴を履くと靴ズレを起こしてしまう事も。。。涙
そんな時にトライアルタクシー制度を使ってタクシーで帰宅する日があります。
ふいに流しで乗ったタクシーに自社製品が導入されていると、乗務員さんにさりげなく使い勝手やお客様の反応を聞いてみたりします。また、乗務員さんから見た今のタクシー業界に関して伺う事でよりリアルな情報を得る事が出来ます。
学びも得つつ、足の疲れからも解放されつつ、帰宅も出来る私の「移動で人を幸せに。」体験です。



人それぞれタクシーを利用するシーンは様々ですが、私達JapanTaxiは全てのユーザーにとっての幸せの実現に向けて日々奮闘しております。
少しでも気になった方はぜひ弊社ホームページものぞいてみてください!

JapanTaxiに興味を持ったら、まずはお話しませんか?